体臭は石鹸しだいで効果抜群

石鹸と体臭

 

体臭は、さまざまな原因で臭いますが、お肌にいる細菌によってその状況はかわります。
ですから、清潔が良いとばかりにむやみに体臭のため石鹸でごしごし洗ってばかりでは、かえって逆効果ということもあるのです。
どういうことかといいますと、お肌には、「表皮ブドウ球菌」という細菌などが善玉菌として常に存在しています。

 

善玉菌の表皮ブドウ球菌は、皮膚を弱酸性に保ちお肌にほかの悪さをする菌の侵入を防いでいます。
アルカリを好む悪玉菌達が住みにくい環境を保ってくれているのです。
体臭のためには、この表皮ブドウ球菌がひふで元気にしてもらっていることが重要なわけです。

 

ですからむやみに、体臭のためと石鹸でごしごしと洗ってしまうと、この表皮ブドウ球菌も排除してしまい、悪玉菌である黄色ブドウ球菌や真菌などの進入を許すこととなってしまいます。
では、体臭が臭わないようにするためには、どうすればよいのでしょうか。

 

そこで、この善玉菌を守りながらお肌を清潔にするには、石鹸をうまく使って体臭のために体を洗う必要があります。
石鹸の使い方ですが、「重曹石鹸」と「ミョウバン石鹸」を使って洗えばかなりいい状態でお肌を清潔にできるんですね。

体臭に効果のある石鹸の使い方とは

石鹸と体臭

 

ご存知ですか?
体臭が気になるからと石鹸で体をゴシゴシしっかりと洗えば洗うほど、体は臭うんですって!
つまり、洗いすぎるのは、体臭をますます強くしてしまうんだということです。

 

そこで、体臭が気になるのなら賢い石鹸の使い方をマスターしようというお話です。
もともと体には、常在菌として表皮ブドウ球菌なるものが多く存在しています。
この表皮ブドウ球菌は、いわゆる善玉菌でいい匂いを発するとお考え下さい。

 

ところが、体臭が気になるからと石鹸でゴシゴシと洗ってしまえば、せっかくの善玉である表皮ブドウ球菌は洗い流されてしまうのです。
この善玉菌は、皮膚を弱酸性に保っていたのですが、洗い流されると酸性でなくなり、逆にアルカリ性を好む悪玉菌たちが登場してくることになるのです。
この悪玉菌は、黄色ブドウ球菌や真菌などで臭いもとの脂肪酸や、アンモニアやインドールなど不快なにおいの元凶たちを言います。

 

そこで、重曹石鹸とミョウバン石鹸をうまく使い分けて善玉菌が住みやすい環境を整えましょう。
そうすれば、常に弱酸性を保ちつつ、善玉の常在菌の住みやすい環境が整います。

関連情報

トップへ戻る