甘い体臭は気をつけて

甘い体臭がしたら、おそらくその人は甘い体臭がしたら、おそらくその人は病気です。
体臭は、人それぞれさまざまな臭いがするものです。
そのなかでもちょっと気になる様な甘い体臭がすれば、ちょっと要注意です。

 

通常は、甘い体臭は病気のサインとも言われるからです。
甘い体臭がすれば、糖尿病が疑われるようです。
そもそも糖尿病とは、食事などの摂取により上がった血糖値をうまく抑制できない病気です。

 

つまり、糖尿病は、血糖値を下げる効果のあるインスリンの分泌がうまくできず、血糖値のコントロールができません。
インスリンの代わりに脂肪酸が、働いて糖をエネルギーに変えてくれます。
この脂肪酸が働くときに、甘い体臭がするのだそうです。

 

ということで、健常者ならばインスリンがうまい具合に分泌されて糖は分解されますので、脂肪酸の出番はありません。
だから、糖尿病の場合は、脂肪酸の働きで甘い体臭がするということです。
もし、甘い体臭が気になる様でしたら、できるだけ速やかに医師の診断を受けるべきですね。です。

○○病はなぜ甘い臭いがするのか

甘い体臭がすれば、ズバリ、糖尿病を疑ってください。
ふつう甘い体臭といいますと、なにかチョコレートやキャンディーなどを連想してメルヘンの世界のような夢見心地の気分ですね。
しかし、ここでいいます甘い体臭とは、それとはまた違ったもので、ちょっとともすれば不快な甘い体臭という感じなのです。

 

では、なぜ糖尿病だとそんな甘い不快な体臭がするのでしょうか。
そもそも、人は食事などでエネルギー源である食物を食べますと、血液中の糖分、つまり血糖が増えます。
この血液中の糖分の値を血糖値というのですが、食後血糖値が上がるということです。

 

健康な人はこの血糖値が上がりますと、すい臓からインスリンというホルモンが分泌されて血糖をエネルギーに変える作業が行われます。
ところが、糖尿病の方はインスリンの分泌がうまくできず、血糖値を下げる為にインスリンに代わって脂肪酸が働きます。
この脂肪酸が働くときに、先ほどの甘い体臭がするのです。

 

つまり、健康体ならばインスリンで事足りるのですが、それがかなわぬ為、脂肪酸が働くのです。
脂肪酸が糖を分解するときに甘い臭いを放つということです。

関連情報

トップへ戻る