糖尿病の体臭は甘い臭い

糖尿病の体臭は

糖尿病の体臭は甘い臭い

糖尿病と体臭

 

糖尿病は、甘い体臭がするんだそうです。
体臭で病気がわかるってすごいですよね。
糖尿病の場合は、特に体臭がわかりやすいんだとか。

 

では、なぜ糖尿病の方の体臭が甘い臭いがするのか、メカニズムを調べてみました。
本来、食事をすると上昇する血糖値は、すい臓から分泌されるインスリンによって血糖が分解され、血糖値も下がります。
ところが、糖尿病ではインスリンがうまく分泌されない為に、脂肪がエネルギー源として消費されるのだそうです。

 

この脂肪を燃焼する際に、甘い体臭がするんだそうです。
糖尿病の場合、脂肪がエネルギー源として変換され 「ケトン体」なる物質ができます。
このケトン体こそ、甘い体臭を作り出しているのです。

 

しかし、この甘い体臭といいましても、決してさわやかないい匂いというわけでもありません。
独特の不快なイメージさえする甘いにおいです。
少しでもそんな臭いを感じたら、できるだけ速やかに病院で診てもらうべきですね。

体臭でわかる糖尿病のこと

糖尿病と体臭

 

体臭と糖尿病の関係は、密接なものがありまして、甘い体臭がしていれば糖尿病を発症している可能性が高いようです。
また、インスリンの分泌がままならず、食後血糖値がなかなか下がらないという糖尿病では、のどの渇きを覚え水を多く飲むようになります。
そのために頻尿にもなるので、体臭に異常を感じ、のどの渇き、頻尿などもあれば必ず病院で糖尿病の検査を受けてください。

 

通常は、甘い体臭は糖尿病と結びつくのですが、ここで素人判断は禁物です。
また、初期の糖尿病は、発見しにくくもありますが、初期で糖尿病と診断がされますと後の治療も楽なものとなるのです。
甘い体臭とのどの渇き、頻尿、さらには体重減少など、いずれか異常を少しでも感じたら、病院へ行きましょう。

 

インスリンの分泌が、うまくできない糖尿病では血糖を分解できずに、脂肪をエネルギー源として消費します。
このときのできる物質が、甘い体臭の元です。
甘い体臭は、からだが発する糖尿病のシグナルだということですね。

関連情報

トップへ戻る