プロテインと体臭の因果関係

プロテインと体臭

プロテインと体臭の因果関係

プロテインを摂るとたんぱく質の影響で体臭にも影響がでるということです。
このたんぱく質は、汗を出す器官であるアポクリン腺という組織からの汗の量を増やす効果があるようで、プロテインを摂るとますます体臭がするのだそうです。
ただし、汗が臭うということではなく、汗を媒体として臭いを発する雑菌が繁殖しやすくなるということで臭いがするのです。

 

ですから、プロテインを始めると、以前にも増してお肌を清潔に保つことが、体臭の改善に効果があるのです。
プロテインを摂りながら、こまめに肌着を替えたり、汗をかけば濡れたタオルなどでできるだけ速やかにふき取るなどするようにしましょう。
せっかくプロテインで健康的な生活を送るのですから、ちょっとした気遣いでより良いものにしてくださいね。

 

そして、プロテインの摂取と共に、腸内環境も整えるように気をつければ、よいよいでしょう。
バランスの良い栄養を摂れば腸内環境も整い、ますますプロテインの効果も倍増し、体臭も改善されるはずです。

プロテインを飲み始めて体臭が

プロテインと体臭には、関係があるのでしょうか。
「プロテインを飲み始めて、体臭が気になり始めた」という人がいます。
プロテインは、からだを作る為に飲むいわゆるサプリメントですよね、健康的なメンテナンスのはずが体臭が臭ってしまっては実も蓋もありません。

 

プロテインに限らず、食品からたんぱく質をとっても体臭がすることもあるようです。
特にプロテインは、純度の高いたんぱく質ですので、特に体臭が気にあることもあるようです。
もちろん、これらのことは個人差が大きくありますことです。

 

もともと欧米の方々は、日本人に比べると肉食などにより、たんぱく質を多く摂ってこられましたので、体臭もきついようです。
その証拠に欧米では、香水の文化が発達しました。

 

つまり、たんぱく質を摂取しますと体臭はある程度するもののようです。
ですから、プロテインを摂ることで体臭が気になるかたは、牛乳由来のチーズや乳製品などでも摂取の量などによっては、体臭が気にあることもあるようです。

関連情報

トップへ戻る