ストレスと体臭の関係とは

ストレスと体臭

ストレスと体臭の関係とは

ストレスと体臭

 

ストレスは、体に良くないとはわかっていますが、このストレス、体臭にも悪影響を与えているのです。
ひとは、ストレスを感じますと、いつもより大量のアドレナリンや男性ホルモンが分泌されて、大量の汗をかいています。
これにより、お肌の状況も結果的に過酸化物質が多く生成されることとなります。

 

この過酸化物質が、匂いの元となってわきの下などで体臭の原因となってしまうのですね。
また、過剰なストレスで胃腸の状態も悪くなり、体内環境は悪化してしまいます。
そうなれば、あちこちでバランスが崩れ、体臭が臭うようになってしまうようです。

 

ストレスは、目に見えないですが、人の体に心に大きな影響を与えます。
ストレスを受けることで、体臭にも有形無形の様相で影響を与えてきます。
ストレスによる体臭の改善は、どうすればよいのかということですが、なんといってもストレスからの開放が一番です。

 

とはいえ、現代人にストレスフリーは、無理な注文だと思います。
ストレスを受けた後の自己ケアに気をつかって、アフターケアによってストレスに対応すればかなり体臭も含め、自体は改善されることでしょう。

ストレスレベルで体臭改善

ストレスと体臭の関係

 

ストレスに依る体臭は、無理せずにストレスレベルを下げることを考えてみてください。
目に見えないストレスですが、体のにおい、体臭を悪化させ強くしてしまう大きな要因となってしまうのです。
ストレスは、とくに皮脂腺からの体臭にとって良くないにおいの元を増加させるようです。

 

ストレスによりまして、われわれは副腎から副腎皮質ホルモンや男性ホルモン、アドレナリンなどを大量に分泌します。
これらのホルモンは、皮脂を盛んに分泌し、皮膚の角質層を活性化させます。
結果として、活性酸素が大量に産出され、さらには過酸化物質を生んでしまいます。

 

つまり、においの元を大量に作ってしまうということです。
こうなりますともうストレスは、体に悪循環を呼び起こしどんどんと体臭も良くない方向へと進んで行ってしまいます。
ですから、ストレスは決して、侮ることなくしっかりと発散することを考えてください。
ストレスレベルを下げるのは、現代人の大きなテーマですね。

関連情報

トップへ戻る