タバコはくさいから体臭も当然

タバコと体臭

タバコはくさいから体臭も当然

タバコと体臭

 

タバコは、吸わない人にとって苦痛以外のないものでもありません。
タバコの煙はケムタイシ、タバコの臭いもとてもくさいですよね。
なぜ人は、体臭にも当然影響があることもわかっているのに、タバコを吸うのでしょうか。

 

タバコが体臭に影響し、臭うのではないかと悩むくらいならば、タバコをやめるように努めるべきだと思います。
タバコは、一種の麻薬だと思います。
タバコを吸う方は、一日ずっとタバコを吸わないということはないようですし、寝ている間の禁煙を破って目覚めた途端にタバコに火をつけています。

 

タバコは、ほんとうに臭いますよね。
だから、タバコを吸う人は体臭ですぐにわかります。
体臭というよりも、タバコの臭いが体に染み付いて体臭もタバコ臭くなっているというほうが正しいような気もしています。

 

タバコを吸う方の髪の毛や服などもタバコの煙にまみれて、とてもタバコ臭くなっています。
タバコをやめれば、体臭も改善されると思っています。

タバコくさいのはそれだけではなかった

タバコと体臭の関係って、ただ単にタバコを吸うとその臭いが体について、服についてタバコと体臭の関係って、ただ単にタバコを吸うとその臭いが体について、服について、体臭がタバコ臭くなるんだと思っていました。

 

でもタバコを吸う人の体臭は、それだけではなかったんです。
タバコに含まれるニコチンが、吸引されると脳の中枢の一部である視床下部を刺激します。

 

人の体の体温をコントロールする役目を担う視床下部では、ニコチンの刺激で体温上昇と勘違いし、体温調節のためにエポクリン腺から汗を分泌してしまいます
そうなりますと、この汗で体臭が臭うことが多くなります。
また、出た汗は放置されると雑菌が繁殖して臭いの元を増やすこととなってしまいます。

 

さらには、喫煙により吸収されたニコチンは、自律神経なども刺激することとなります。
そうなりますと、汗はますます活発に出ることとなり、ますます臭いのもとはふえてしまうのです。

 

タバコを続ける限り、このようなタバコによる体臭を気に日続けなければなりません。
体臭がタバコ臭くなるんだと思っていました。

関連情報

トップへ戻る